ケイ素サプリメントの効果と選び方

ケイ素サプリの比較だけを見たい方はこちらをクリック♪各製品、含まれるケイ素1mg当たりのコストを比較しています。

 

石英

 

ケイ素サプリ(シリカサプリ)やケイ素水(シリカ水)の購入者レビューを見ていると、まず数として目立つのが、髪のコシやハリが出てきた、伸びるのが早くなった、元のボリュームに戻った、割れやすかった爪が丈夫になった、肌にハリが出てきた、などが挙げられます。

 

体温を上げて体を丈夫にする傾向が知られるほか、ガンや糖尿病の慢性症状まで改善した例が見られます。自分で注射するインスリンを手放せなかった人が、ケイ素サプリを毎日飲み始めて数ヶ月でインスリン不要となり、血糖値も著しく改善したという話はよく目にします。
(参照ページ: 水溶性珪素の効果 - 体験談

 

レアなケースでは、コレラなどの急性症状で、瓶ごとケイ素サプリを飲んで一命をとりとめたばかりでなく、翌日には食事ができはじめたという例もあります。上から下から、飲食したものが全部出て行って弱り果てていたそのとき、ケイ素サプリ(恐らくドイツで購入して携帯していたシリシア)だけは体が拒絶することなく飲み込めたとのこと。

 

ケイ素とは元素記号Si(Silionの略)で、地球上で、地殻に含まれる物質では酸素の次に多く存在しています。(Si単体では安定しないので、多くは二酸化ケイ素SiO2の形で存在します。)

 

石英

それほどどこにでもある物質で、私たちも地上の植物や水から長年摂り込んできた栄養素ですが、ケイ素が人体においていかに重要かは、研究が進み始めたばかり。

 

一部のノーベル賞級の学者による研究結果が存在するにも関わらず、広く共有された学説がないまま、ケイ素を含んだ食品や、ケイ素サプリを長期間、あるいは救急で大量に摂った人の体験談から、次第にケイ素の栄養素としての効果が伝承されています。

 

ケイ素を一番多く含む鉱石は石英(水晶石)ですが、ラジウム鉱石や麦飯石、トルマリン、ブラックシリカ、医王石や北投石、又宇宙からくる隕石など、石類に多く含まれています。

 

そして、土壌から植物がとりこんだケイ素を動物が食物として摂り込んでいます。水道水には1リットルあたり約10mgのケイ素が含まれています。食事やドリンクを通して人は毎日2リットルの水を摂ると言われますが、水だけで20mgのケイ素を摂りこみ、他を仮に野菜や海藻で摂っていても、体に保持する力は年齢とともに衰えます。

 

ケイ素に限りませんが、ビタミンやミネラルなど必要な栄養素を体に長時間保持する力は20歳ごろをピークに衰え始めるので、微量栄養素は1日に何度も少しずつ摂ることが基本です。

 

コラーゲンは人体を作る主要なタンパク質で、血管壁、骨、皮膚、腱、軟骨などに存在しますが、その組織の結合に必要なのはビタミンCだけではなく、ケイ素も重要であることがわかってきています。

 

また、フラミンガム研究で、ケイ素はカルシウムより骨を強くすることがわかっています。ケイ素を1日40mg以上摂取しているかどうかで、骨密度が違ってくる研究結果があるのです。