ケイ素で肺がんを克服した例

別記事へのリンクをご紹介します。

 

ケイ素で肺がんを克服した例

 

あまり知られていないケイ素ですが、隠れた効能や体験談は、驚くほどビタミンCと共通することが多いのです。体の中のコラーゲンの生成には、タンパク質どうしを接合するビタミンCが必要ですが、微量ながらもケイ素も接合に関わっていることがわかってきています。

 

また、カゼや疲労、ガン、老化など、体の不調の元となる酸化物質を除去するための抗酸化力も、ケイ素は非常に強いことがわかってきています。(ビタミンCでは、既に分子構造が明らかにされています。)

 

そのため、糖尿病がやアトピーなど、これまで治らないと思われてきていた生活習慣病やアレルギーも、改善した例がケイ素サプリの販売サイトでは紹介されています。

 

ウモプラス(ケイ素水溶液)やリシリア(ミネラルウォーター)では、天然の界面活性力の高さが書かれていますが、洗濯用洗剤なみの力なので、脂分を分解し、腸内をきれいにします。

 

爪が割れにくくなったという購入者も多いのですが、これはフラミンガム研究の骨密度に差が出るという結果と一致します。

 

ケイ素は毎日少しずつ摂ることで、体の隅々まで細胞の繋がりを強化するのです。