シリカ水(ミネラルウォーター)の比較

ここ数年でシリカ含有量の多いミネラルウォーターや天然水が沢山登場しました。

 

水道水は1リットルあたりだいたい10mgぐらいのケイ素(シリカ)を含んでいると言われますが、その数倍のケイ素を含んだ水が、一般的なミネラルウォーターと変わらない価格で売られています。

 

もともとケイ素は地殻では酸素の次に多い物質なので、どこから採れてもおかしくないのですが、現在、シリカ水のメーカーは九州地方に多いようです。
九州では水源が汚染されていない地域が多いのもありますが、安心して買えるPETボトルの水に、健康に欠かせないケイ素がたくさん含まれているのはいいですね。

 

最初にケイ素水を調査したときは、シリカ含有量をアピールするブランドが少なく、水道水の倍のケイ素を含む利尻島のリシリアが、全国でも人気No.1で、サプリと並べて個別ページで特集したのですが、今では無数の良質なシリカ水(ケイ素水)が安く売られています。それらをまとめて次のページで比較しました。

 

 シリカ水 ケイ素含有量と価格の比較

 

 

シリカ水(ミネラルウォーター・天然水)記事一覧

各ブランド シリカ水の比較です。2リットルボトルの販売がある場合は、そちらを適用し、税込・送料込み価格で比較しています。1mg当りのコスト、そして1日当たり最低摂取量の目安とされる40mgでのコストも表示しました。現時点で最安値と思われるショップのデータを採用しています。(「初回のみ」の大幅割引価格は採用していません。)500mlボトルのミネラルウォーターは自販機では100〜130円はするので、2...

リシリア

日本名水百選に選ばれた利尻富士の雪解け天然水。ケイ素含有量が水道水の倍なのに超軟水、北海道利尻島のミネラルウォーター、リシリアです。硬度はたった14.1なので、すごくやわらかくて美味しい水です。ケイ素は1リットルあたり12〜21mgなので、2Lボトルを飲み干してやっとシリカコンプレックス1錠分ですが、この水で生活している利尻島の人たちは、髪や肌艶が美しいそうです。ケイ素は、血管や歯などに多く含まれ...